第29回サロマ湖100kmマラソン(困憊)リタイア記②

今週末に参加した第29回サロマ湖100kmウルトラマラソンのリタイア記その2です。

これまでのエントリは、こちら。

第29回サロマ湖100kmマラソン(困憊)リタイア記① | reboot blog

今回の旅程

今回は、期限の迫るANAのマイルを消化したかったということもあり、オフィシャルツアーではなく、全て自分で手配しました。来年、リベンジするはずの自分のために記録しておくと、

・フライト(ANA羽田空港⇔女満別空港):3万7000円分ぐらい

・レンタカー丸2日間+ガソリン代:早割で1万ちょっとぐらい

・宿2泊(朝食2/夕食2付き):3万4000円ぐらい

 (いずれも2月半ばに手配したので、早割あり)

でした。オフィシャルツアーより少し出費を抑えられたかなというところ。

出費はともかく、前後のスケジュールに自由が利くところがいいです。

前日は16時半の便で羽田から女満別へ飛び、夕方着で温根湯温泉の大江本家というところに泊まりました。こちらの宿では、事前にゼッケンの引換券を送っておくと、代理で受け付けをしてくれるので前日の入り時間が遅くなってしまう人でも大丈夫です。

女満別空港からも車で1時間半ほど、スタート地点までも1時間ほどかかるので会場からはちょっと遠いんですが、サロマ湖ウルトラの宿泊パックがあり、当日の送迎もあり、さらにはこのツアーに同行する支配人も一緒にレースに参加します。 しかも、支配人は今回の大会で10回目の完走となり、見事サロマン・ブルーとなられました! どおりで行き届いているわけですね。

食事もおいしかったです。前日はバイキングでしたが、たっぷりカーボローディングできました。

140701_1

レース翌日は夜のフライトにしておいてよかったです。リタイアした後の、完走していれば走るはずだったコースをレンタカーでたどり、一人反省ツアーを行いました。もっともこれは予定外、本当は普通に観光するはずだったんですが・・・


DNF後はしばらく、



     「この世は二種類の人間に分けられる。完走できた者と、できなかった者だ。」

とでも言われているかのような気分になるので、それを消化するには、内省する時間が取れてよかったのかもしれません。




レース当日の朝


当日は、2時過ぎに起床。ストレッチ・テーピング・着替えを済ませ、受付でおにぎり弁当を受け取って、3時にバスで出発しました。


前日夜は、20時前に宿に到着し、それから夕食を取り、ゼッケンをつけたりレース荷物の整理をしたので就寝は22時くらい。6時間は寝たいところなので、入りの時間からもっと早くすべきだったと今さらながら反省しています。こういうところから、レースはすでに始まっているんですね~

バスの車中からは、サロマ湖越しに朝日がきれいに見えました。

140701_2

きれいに見えるのはいいんですが、暑い一日になりそうです。前日地元の方に聞いたところによると、30℃は超えそうとのこと・・・

ちなみに今回は、行きのバスにケータイを忘れるという失態を犯したので、レース当日で残っている写真は、バスから撮ったこの一枚のみです。


タイムは多少犠牲にしながらも、写真は気ままに撮りながら走る主義なんですが。エリートランナーのように一分一秒を争うレベルにあるわけでもないし、基本的にはレースをきっかけに色んなところに行くことができたり、走りながらその土地を味わうというのが自分にとっての楽しみ方なので。

時として(往々にして?)それが、関門時間争いを生むこともありますが・・・それは走力で解決すべき問題ということで。




スタート@0km~畑の中の直線終わり@10km

ドロップバッグとスペシャルドリンクを預け、今回同じく参加しているはずのラン仲間ザック選手を探すも、さすがに3000人を超える参加者の中からケータイなしで人力で探し出すのは難しく、スタートで落ち合うのは断念してレース中の折り返しで探すことに。

すっかり明るくなった頃、湧別総合体育館をスタート。

朝夕は寒くなるかと思いアームカバーも用意していたんですが、今年は暑い年にあたったので全く必要ありませんでした。下も暑そうだったのでフルのサポートタイツはやめて、ハーフタイツ+ゲイター+テーピングの組み合わせを採用。

先日の奥久慈トレイルも、これでヒザの痛みは封印して走れたので。このスタイルで2連敗するとは、この時は思ってませんでしたけど・・・

走り出しは好調で、予定通り6:15-6:30/kmのペースをキープしながら進みます。

湧別総合体育館の周りをぐるっと一周回ると、いよいよ北海道らしい一直線。本当にまっすぐですね~

広大な大地を感じられていいんですが、先を行くランナーの列がよく見えて、これはこれでげんなりします(笑) 農地のど真ん中をひたすらまっすぐ進み、ようやく森が見えてきたところで10kmを迎えます。

早朝はいい具合に雲がかかっていたけど、この辺りから雲が抜けて行き、途端に暑くなってきます。まだ朝6時なんだけど、大丈夫でしょうか!?

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>