イサム・ノグチ設計モエレ沼公園行ってきました!<後編>

イサム・ノグチ設計モエレ沼公園行ってきました!の後編です。

前のエントリは、こちら。

イサム・ノグチ設計モエレ沼公園行ってきました!<前編> | reboot blog

札幌国際芸術祭2014

ちょうどこの3連休から、今年初めて開催されるという札幌国際芸術祭2014が始まり、モエレ沼公園もその会場の一部になってます。いいタイミング!

140721_2_1

ゲストディレクターの坂本龍一さんが手がけた作品も、ガラスのピラミッドに展示してありました。

「FOREST SYNPHONY」

「樹木の生体電位をデータとして取得・集積・解析し、音楽へと変換、空間全体でシンフォニーとして体験できるインスタレーション」だそうです。

140721_2_2

“木の音”って聴いたことないですよね。不思議な空間です。

     「木は光合成によって太陽光をエネルギーに換える、つまり電磁波をとらえる天才。その周期性を音楽にしてみたい」(坂本 龍一)

木も天才かもしれませんが、教授のその発想が天才ですわ・・・天井から吊ってあるスピーカーから、各地の”木の声”が。

140721_2_3

「Sensing Streams」

「自然や都市におけるさまざまな情報の流れ(ストリームズ)を感知(センシング)し、可視化・可聴化していく作品」ということで、こちらの特設会場では、Perfumeの演出などでも知られる真鍋大度さんとのコラボ作品も。

札幌駅前の地下道チ・カ・ホに流れる電磁波をセンサーで感知し、そのデータを真鍋大度さんが映像化・坂本龍一さんが音楽に変換して、特設の4Kビジョンに映し出したものだそうで、展示前にあるダイアルをラジオのように操作して周波数帯を切り替えられます。もちろん、映像と音楽もそれに合わせて変化。

140721_3_1

可視化・可聴化するだけでなく、触ってインタラクティブに楽しめるのもいいです。インスタレーションならではですね。

140721_3_2

モエレ沼公園、行ってよかったです。110km完走後で、体はボロボロでしたが、公園を散歩して回復してきました。

札幌国際芸術祭2014は、9/28までの開催だそうです。夏休みに北海道に行く予定の方はぜひ脚を伸ばしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>