第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記⑧

7月の3連休に参加した第2回大雪山ウルトラトレイル110Kの完走記その8です。

これまでのエントリは、こちら。 

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記① | reboot blog

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記② | reboot blog

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記③ | reboot blog

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記④ | reboot blog

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記⑤ | reboot blog

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記⑥ | reboot blog

第2回大雪山ウルトラトレイル110K(意地の)完走記⑦ | reboot blog

はじめての”Day2″

さて二日目。ここからは、完全に未知の世界。2ステージ制のレースは初めて、二日連続でレースを走るのも経験がありません。3週連続というのはありましたが・・・

前日すでに、72km走った上に(100kmウルトラマラソンを優に超えるぐらいの強度はあったかと)、まだ40kmのトレイルが残っているとは。走れるもんなのか、自分の体なのか半信半疑です。

でも、こういう時は、自問してはいけません。質問は、思考を再起動させるための最良のツールの一つだけど、答えが一つしかない時には、あえて思考停止させたままの方がいいということもあります。

いずれにしても、本日の一つしかない答えは、

どんなことがあろうとも、40kmは走り切る。

そして、その40km走り切ろうとするには、あまりにもひどい体の状態である。

ということ。

考えようと考えまいと、この答えは変わりませんので。強いていえば、この答えの前半部分に意識を焦点を合わせるぐらいしかできることはありません。

それにしても、いい天気。

140730_1

Day2のコースはこんな感じのワンウェイで、分かりやすく2つのピークがあります。

course02

どこかで見たことのあるアップダウンだと思ったら、これ(↓)でした。

hakusan-shirakawago-image

記念すべき、自分にとっての初ウルトラマラソン、白山・白川郷100kmウルトラの高低図そのものじゃないですか。こんなにもえげつなくはないですが(笑)

つまり、これは「知ってる」ということ。2日連続でレースを走るとどうなるのかは「知らない」けど、この高低図は「知ってる」。

どんなチャレンジであれ、「知ってる」ということは強いです。こじつけでも何でも、「知ってる」ことを探し、増やし、「知らない」ことを減らすのは平常心で臨むために最も重要なことです。試走やイメトレなんかでやろうとしていることも同じです。

Day2:スタート@0km〜A1 愛山渓温泉@11km地点

快晴で暑くなりそうな一日。ストレッチしていても、全身の疲労感しかない(笑) 幸い、前日の温泉と水風呂による懸命のアイシングにより筋肉痛はそれほどありません。

スタートした瞬間、「ゔぅっ」という呻き声があちこちから(笑) 体がバキバキなのはみなさん同じようで。とにもかくにもDay2、6時ちょうどにスタートです~

140730_2

Day2の制限時間はかなりゆるい。10時間で設定されているので16時までなんですが、実際は14時過ぎには最終ランナーが帰ってくるらしい。というわけで、Fun Runに近いのかもと思っていたら、痛い目に遭いました(泣) まずは林道から。

140730_3

すぐにロードに出て、トレイルに入るまでは旭岳を見ながら走ります。本当、いい天気。6時過ぎでかなり暑い・・・

140730_4

まずは林道に入り数km進むんですが、2日目の疲労のためか完全に思考停止。何も考えずに前のランナーに付いて行ったら、トレイルに入る道を見逃してしばらく間違った道を走ってました・・・

後続のランナーがすぐに「間違ってるよ!」と教えてくれたので、致命傷になることなく二人で戻ることができたけど、もっと進んでたら心が折れてたかも・・・

分岐に戻ってみると、めちゃめちゃ分かりやすく案内のテープが貼ってありました。ロストする時ってこんなもんなんですね・・・いい経験になりました。冷や汗でしたが。

トレイルに入ると、消化試合とはほど遠いけっこう本格的なそれでした。元気な時に走ってたら、軽いアドベンチャーランっぽい、かなり楽しいトレイル!

140730_5

ただし、ちょっと前まで荒天続きだった影響か、かなりドロドロのぐちゃぐちゃで、きれいな状態で帰ることは早々に断念(笑)

140730_6

Day2も平均予想タイムを追うようにレースプランを立てていたので、かなりゆっくり走ってたんですが、それでも45分ほど早くA1の愛山渓温泉に到着。あんぱんを袋ごと丸々1個ずつ提供してくれる奮発っぷりでした。朝早くからありがとうございます!

140730_7

もちろんエイドで、”命の水”コーラを補給。炭酸でパンパンですが。ようやくちょっと体がほぐれてきましたが、最後まで行けるのか!?あと30km!

140730_9

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>