IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑫:バイク初180kmでも、腹筋ちぎれるまで攻める!!

先週末の日曜日、2014年8月24日に北海道の洞爺湖にて開催されたIRONMAN JAPAN 北海道を何とか完走し、晴れて「アイアンマン」になることができました。

IRONMAN JAPAN 北海道2014 完走記その12です。

これまでのエントリは、こちら。
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記①:アイアンマンになりました。 | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記②:アイアンマンまでの道のり<前編> | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記③:アイアンマンまでの道のり<中編> | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記④:アイアンマンまでの道のり<後編> | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑤:アイアンマンまでの道のり<直前編> | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑥:[Day1] いざ洞爺湖!&大会イベントに参加。 | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑦:[前日] バイクCheck-in & 試泳 & バイクコース下見。 | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑧:[当日レース前] いざ出陣。 | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑨:アイアンマンレース、開幕です。 | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑩:スイム初3.8kmを落ち着いて完泳。 | reboot blog
IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑪:バイク初180kmでも、腹筋ちぎれるまで攻める! | reboot blog

バイクエイド1:水の駅@24km〜110kmコース入口

初めての通過式エイドを無事ノンストップで通過し、右折するとさっそく上り。長い上り坂で、視界の端、上の方までバイクが連なっているのが見える。さっそくこれかよ、アイアンマン!

140831 1

序盤のこの上りは、「決してがんばってはいけない」という、去年このレースを走ったトライアスロン大先輩からの情報に従い、焦ることなく軽いギアでクルクルと回す。力まないようにGel Blastsを口に放り込んだりして。

さっそく呼吸を乱しながらも懸命に登る脇を、DHポジションでサーっと音も立てずに通り過ぎて行く女子トライアスリートがいたりするので、「トライアスロンの世界は奥が深いなあ…」とヘコみながらも、体重が軽い分登るのはまだ速いらしく、少しずつ前方のバイクをかわしながら頂上へ。

この上りを皮切りに、ここからは再び洞爺湖に戻ってくるまでアップダウンしかないコース。あと、どれだけ登ればいいんだろ…なんて思ってる暇はなく、登り切ったあとは切り換えが大事。ダラダラと休んでいるとペースが掴めないままズルズルいってしまうのはトレイルと一緒だろう、とギアを切りかえて加速。

洞爺湖を離れてからは、北海道らしい雄大な景色の中を走れるので、アップダウンさえなければ気持ちのいいコース(笑) 坂を登り切って国道を渡ってからのも牧草地や畑の中を伸び伸び走れます。巡航時はケイデンス90〜100、巡航速度30〜35km/hを切らないことを目標に。間もなく来る110kmコースへ向かう下りも休まず、フロントをアウターに入れて回し続ける。

一通り、平地・上り・下りと走り少し落ち着いてバイクの方針を確認。常に、こまめに、さぼらずギアを最適な状態に切り換え続けることを”センターピン”にすることにした。ギアを切り換えて常に同じ負荷で漕ぐというのは、つまり常に(それなりに)全力で漕ぎ続けるということ。攻め続けるとはそういうことなんだろう、と。きっと、ベテランのバイク乗りのみなさんにとっては当たり前のことなんだろうけど…

ちなみに、スイムが終わってからのトランジションでテント内に長くいたからか、GARMIN 910XTがGPSを拾えなくなってしまい、スタートしてからの時間以外のデータが見れなくなってしまいました!ただのストップウォッチやん…

というわけでサイクルコンピュータの速度とケイデンス表示だけを頼りに走ります!

110kmコース入口〜バイクエイド2:るすつ@53km

140831 2

高低図を見ると一気に登っているように見えますが、微妙に斜度が急になったり緩くなったりを繰り返しながら、ずっと登り続けているので、印象に残るような坂もないまま、林の中の道を無心で漕ぎ続けてたら前に進んでいるという感じ。もちろんつらいんですけど、まだ序盤なので。

村に入ると比較的フラットな畑の中、村と村をつなぐ道が斜度きつめの峠越えといった構成なのか。

10kmおきにある距離表示を見て、その都度時間だけはチェック。GARMINがGPSを拾わず距離が取れなくなったのでラップタイムが分からないのです…

スイムはトランジション含め1.5hほどだったので、トータル13時間を切ろうと思ったら、

・バイクで6.5時間+ランで4.5時間。
・バイクで7時間+ランで4時間。

といった組み合わせで帳尻を合わせるしかない。ランSub4は狙ってはいるものの、ちっと厳しそうなのでバイク6.5時間を目指し、アベレージ30km/hからどれくらいの遅れで凌いでいるかを確認します。ここまでのところ、登りがあった割にはほぼイーブンで来ているので順調です。この後も登りばっかりなんですけど(笑)

50kmを通過し、留寿都のエイドを迎えます。ボトルキャッチャーに投げ入れてみたいんだけど、今のところ不要なボトルもなく、エイド2は素通りします。

バイクエイド2:るすつ@53km〜バイクエイド3:京極@69km

エイド2を出ると、257号線を北上。すぐに林の中の走りやすい一本道に入るので、再び固形物の補給を開始。CLIF BARとようかんをかじった後、ビーフジャーキーを投入。やっぱり塩っぱいものを間に挟むと補給が捗る。

140831 3

コース最高地点を通過したら、めちゃめちゃ爽快な直線の下りに入るので、DHポジションでギアをアウターに入れて回しまくり。細かいアップダウンはあるけど、見通しのいい直線で路面もいいので、このパートだけはもう一度走りたいくらい気持ちいい。

その先の牧場ゾーンを走る頃には天気が崩れ小雨が。バイクが始まって2時間ちょっと、時刻も10時近くになっているはずなので、気温も上がってきているのを感じる。多少の雨は、クールダウンにちょうどいいぐらいっす。去年は寒くて大変だったみたいですが。でも、羊蹄山は全く見えないのが残念です。

69km地点のエイド3で初めてのピットインでトイレ休憩のあと屈伸をして、weider-inとENE-AIDをもらって背中へ詰め込み再出発。まだバイク、折り返しません…長い!

「IRONMAN JAPAN 北海道2014完走記⑬」につづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>