信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記③:スタート@0km〜1A@18.5km。爽やか・フカフカ・重い脚。

先週末の日曜日に参戦してきた 信越五岳トレイルランニングレース110kmの完走記その3です。

これまでのエントリは、こちら。
信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記①:優しいレースではあったけど、易しいレースではなかった(゚Д゚;) | reboot blog
信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記②:スコット・ジュレクも登場!競技説明会&ウェルカムパーティー。 | reboot blog

宿~スタート@0km(斑尾高原レストランハイジ)

午前3時起床、4時過ぎ出発で宿を発ち、歩いてスタート地点の会場へ。まだ、あたりは真っ暗。いつもならどんな状況でもぐっすり眠れるのに、この日は24時頃までずっとウトウトしたまま寝付けず、しっかり眠れたのは3時間ほど。明日の深夜3時半まで22時間、きっちり走る予定なんですが・・・

たくさんのライトに照らし出されるスタートゲート。
140911 1

選手のハイドレーションに入れる水まで会場に用意されてるとは、本当に至れり尽くせり・・・
140911 2

ウェルカムパーティーと同じ会場で朝食を取ります。こちらも無料。
140911 3

おにぎり・サンドイッチ・パン・バナナ・スープ・コーヒー・オレンジジュースなど。30分前には、持参した最近の定番、VESPA Proを投入!
140911 4

トイレが激並びでギリギリにはなったものの、5:30少し前にスタートラインへ。ようやく明るくなってきました。立ってると肌寒いですが、動き出したら全く寒くないレベル。ベストコンディションです!天気はね!!
140911 5

スタート@0km~1A@18.5km (区間 2時間35分)

5:30。恒例の「プァァァァァーーーーーン!!!」でレーススタート。

あまりに長丁場すぎて緊張感なし。慌てず、いつものほぼ最後尾から走り出し。GARMINがGPSを拾わないトラブルに見舞われるも、7分後からようやく動き出す。ゲレンデ脇の林道を回って、ゲレンデの上に出ると、多くの観客のみなさんによる花道が!
140911 11

スタート直後の3kmほどは、いきなりけっこうな登り。でも、まだ序盤なので。頂上で「もう3km!あとたった107kmです!!万歳!!!」と応援してくれる粋なスタッフさん。
140911 6

いや~本当に清々しい。
140911 7

最初のエイド(1A)までは気持ちいいアップダウンが続きます。気持ちいい、と思えるまだ序盤だからです、もちろん。ようやく少し落ち着いてきました。
140911 8

落ち着いてきたところで、くれぐれも飛ばしすぎないように本日の旅程を冷静に確認。コースマップ右手の斑尾山からぐるっと一周回るのが最初のパート。先は長い…
CourseMap sfmt110 2A
(Source: Official Web「コースマップ」を一部編集)

高低図でも、最初のゲレンデ周辺の登りを超えると1Aまでなだらかなコース。
HightMap sfmt110 1A
(Source: Official Web「コースマップ」を一部編集)

こんなふかふかトレイルの途中では、プロデュ―サーの石川さんも応援に駆けつけてくれてました。
140911 9

15kmほど上質なトレイルで斑尾山をぐるっと回り込むと、林道に入り登り始めます。

まだ集団もそれほどばらつかないまま、登ってきたら、絶好の野尻湖ビューポイント。
140911 10

めっちゃ逆光ですが(笑)、野尻湖とこれから20時間以上かけて回る山々をバックに。湖の反対側にこれから自走でたどりつかなければならない妙高山が見えたりもしてますが、気の重くなることは考えずに、登りを楽しむことにします。

さてさて、この日のコンディションですが、けっこう最悪の部類。明らかにIRONMAN JAPAN北海道の疲労が抜けてない。脚の重さは、三週連続レースの三週目となったチャレンジ富士五湖112kmのときと同じような感じ。

走り出してすぐ、「うわぁぁぁ~、今日この脚かぁ・・・」と唸りましたよ、それは。IRONMAN後ずっと張りっぱなしだった右脚腸脛靭帯をほぐしながらの前半。不調だった胃腸も全快ではなく、エイドでもどこまで食べられるか分からない。冷やしトマトと笹寿司と戸隠そばは食べたいなあ・・・と、さりげなく名物のそばが出る8Aまではたどりつくことを誓った序盤戦。

最初の18.5kmは、脚をほぐしながら無難に走り切り、1Aに到着。消化を気にして朝食が足りなかったのか、結構腹ペコだったんですが、PowerBarがラスト3個ほどになってました。危なかった・・・

ここから、がっつり斑尾山です!

「信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記④」へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>