信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記⑤:2A~3A 序盤の中ボス袴岳&長ーいドロドロ下り。

先週末の日曜日に参戦してきた信越五岳トレイルランニングレース110kmの完走記その5です。

これまでのエントリは、こちら。

信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記①:優しいレースではあったけど、易しいレースではなかった(゚Д゚;) | reboot blog

信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記②:スコット・ジュレクも登場!競技説明会&ウェルカムパーティー。 | reboot blog

信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記③:スタート@0km〜1A@18.5km。爽やか・フカフカ・重い脚。 | reboot blog

信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記④:1A〜2A 我慢の序盤戦、斑尾山。 | reboot blog

2A@23.9km~3A@38.5km (区間 2時間22分)

2Aから3Aは、走れる林間コースから、序盤の中ボス袴岳を登頂し、ドロドロの湿原の中を延々と8kmほど下り続けるトータル14.6kmのパート。

CourseMap_sfmt110_3A

登って下る分かりやすい高低図。3Aまでの下りは、「楽しんでもいいけど飛ばしてはいけない」と、これまた信越五岳の諸先輩方からの助言を胸に刻み、慎重に。

HightMap_sfmt110_3A

土の走れるトレイルからのスタート。このあたりはいいコンディション、ここまでの疲労も吹き飛ぶくらい良質なトレイル。気持ちいい~

140913_1

そして、一旦ロードに出てから、再びトレイルへ。石川さんのコースガイダンスによると、ここから4度ほど繰り返される登りを耐えれば袴岳の頂上に出るはず。

140913_2

木道も。アスレチック気分で楽しいんだけど、足を置くと沈む…

140913_3

袴岳の登りゾーンへ侵入。ヒザに手をついて登るような傾斜が断続的に4回。4回のはずだけど、途中で何回目の登りなのか忘れてしまうほど、なかなか手厳しい傾斜・・・

140913_4

何度目かの登りの途中で30km地点を通過。ということは頂上はすぐそこのはず。

140913_5

袴岳頂上!雲が厚くかかっていて、景色はイマイチだけど、天気はいいですね~頂上で休憩中のハイカーと挨拶を交し、先を急ぐ。

140913_6

袴岳頂上からはもちろん下り。それも8kmにも及ぶ長ーい下り。序盤の下りは、その後の登りをいやでも想像させるので、精神的によくないです。下るのがもったいないと思っちゃうんですよね。パートごとの区間走だと思って、先のことは考えないようにしよう。

140913_7

この長ーーい下り、事前情報でも聞いていた通り、湿原地帯を通るので本当にドロドロ。勾配としては気持ちのいいのに、いちいち足の置き場を判断しないといけないのは、精神的に消耗。走れるとはいっても、ここはトレイル。ロードのように簡単に距離を消化できる箇所は一つもない(泣)

140913_8

単調な道は一人旅だとついつい抜いてしまうので、集団に張り付いて距離を稼がせてもらう。黙々とついていってひたすら我慢の時間。

ロードだと5km10kmはあっという間なのに、同じトレイルが3km続いただけで発狂しそうになるのはなぜなのか。体感による距離感と実際の距離感のずれを修正しないといけないのかも。

集団走のおかげで一定のペースを保ったまま林道を抜け、のどかな里山の景色に出たら3Aはもうすぐ。ロードに出ると、自分の脚の重さがよく分かる…まだ3Aなんですけど。

140913_9

線路の下をくぐると、レース開始からきっかり6時間、11:30に3A到着。計画から15分のビハインドではありますが、何とか食らいついているというところ。ようやく序盤が終了。すでに40km近く走ってます。そりゃ、脚も重いはずだわ。3Aでは、ちょっと長めに休憩します〜

140913_10

トマト好きにはたまらない、3A名物の冷やしトマト!これを楽しみにここまで走ってきたのです。

140914_1

暑くなってきた中、キンキンに冷えたトマトがうまいっす。3Aの水分補給はほぼトマト。たくさん頂いたのでタイムロスもそれなりに(笑)

140914_2

「信越五岳トレイルランニングレース110km 2014 完走記⑥」へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>