おもてなしとIFTTTの話。<後編>

引き続き、「おもてなし」について。

前のエントリは、こちらです。
おもてなしとIFTTTの話。<前編> | reboot blog

IFTTTとは?

「おもてなし」について考えていたら、「IFTTT」が頭をよぎりました。

念のため「IFTTT」とは「if this then that」の頭文字を取ったもので「イフト」と読みます。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。開発したのはリンデン・チベッツで2010年にスタートした。
(Source: wikipedia 「IFTTT」)

平たく言うと上の通り、Webサービス同士を連携させるサービスの一種なんですが、どんな風に連携させるのかと言うと、

「if this then that」というシンプルなコンセプトに基づく「レシピ」を作成し共有することができる。レシピの「this」の部分は「Facebookで写真をタグ付けした時」「Foursquareでチェックした時」といった「きっかけ」になり、「that」の部分は「テキストメッセージの送信」「Facebookでステータスメッセージを作成」といった「行動」になる。ユーザーが使用するサービスで有効にする「きっかけ」と「行動」のコンビネーションがレシピである。
(Source: 同上)

ということです。

つまり、「何かがトリガーになって、何かが起こる」という一連のプログラムを、サービスを横断して自分でつくることができるんですね。この「レシピ」という考え方はすごく面白い。これからも、どんどん増えていくと思います。

世の中は、これから本格的なIoT時代に突入していきますが、IoTの世界だと、あらゆるものがネットワークにつながっているので、Webサービスだけが対象であった”this”や”that”が三次元のモノの世界にも拡張されていくのは間違いないでしょう。帰宅して家の鍵を開けたら、自動で電気とエアコンとテレビが付いて、お風呂を焚き始めるといったことが普通になるんでしょうね。

生活者にとってのIFTTTは、日常生活を立体的にカスタマイズするためのプログラムと言えるかもしれません。しかも、スマホをカスタマイズするぐらいの感覚で。うまくプログラミングすれば、あたかもモノたちが自律的に動いているかのような世界観をつくることができるわけで、つまりは、自分用にカスタマイズされた世界の中で生きることができるということでもあります。

IFTTTの限界

それで、「おもてなし」の話からなぜIFTTTのことを思い出したかと言うと、これだけ可能性を感じているIFTTTではありますが、そうは言っても、やっぱり自動化された<サービス>でしかないんだなと思ったからです。

IFTTTの場合、ほしいサービスをレシピとして自分で作成している分、満足度は高いはずだし、トリガーがかかった場合の遂行率はほぼ100%だし、極めて優秀な”バーチャルサービスパーソン”ではあります。でも、いかんせん、事前に作成したレシピ通りにしか動かないんですよね。

<サービス>と<おもてなし>の文脈でいえば、どれだけ自分好みで完璧な<サービス>を提供してくれたとしても、プログラム時の想定を超えることは絶対にありえません。それは、マニュアルに書いて人を動かすのか、IFTTTで書いてモノを動かすのかという手段の違いでしかなく、質の違いではないからです。

「おもてなし」だけが人間に残された領域

逆に言えば、マニュアルに明記できるようなものは、すべてIFTTT(やIFTTT的なもの)に置き換えていくことが可能ってことで。人間がマニュアルに従って動作するより、ロボットが動作した方がはるかに正確です。こういう領域からは、良くも悪くも人間は追い出されていくんだろうと思います。

となると、人間に残されているのは、やはり<おもてなし>の領域ではないかと。マニュアルには書きかねるような複雑さや繊細さを扱うところにのみ、人間が介在することになるだろうと。そしてそこは、日本人の偏差値が超高いと言われている領域ですよね。日本人、大チャンスです。

未来予測的な言い方をするのであれば、

・今、マニュアルに従って働いている人は、ネットワークにつながったモノに置き換えられていくでしょう。
・今、マニュアルを書いている人は、いいIFTTTのプログラマになるでしょう。
・今、マニュアル化するのが不可能な領域で働いている人は、人間らしい仕事の先駆者として将来にわたって安泰でしょう。

「おもてなし」の話から広がったちょっとした妄想でした。当たらずとも遠からずだと思ってますが!?

「おもてなし」についての考察は、近日発売のこちらの本に詳しいようです。私も読んでみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>