これは、たしかにいいアイデアかも。『「パスワード」が変えてくれた僕の人生』。

少し前にこんな記事を目にしました。ちょっといい話です。

「パスワード」が変えてくれた僕の人生 | TABI LABO

離婚してどん底にいた時、オフィスのパソコンを起動すると、パスワード期限切れの表示が現れる。頻繁に変更が必要となるパスワードの設定。面倒だと思いつつも、人生の指針をパスワードとすることを思いつき、そのパスワードを打ち続けるうちに徐々に人生が変わり始めると言う話です。

最初のパスワードは、「Forgive@h3r (彼女を許せ)」だったそう。その後も、「Quit@smoking4ever (タバコをきっぱりやめる)」や「Save4trip@thailand(タイに旅行に行くため貯金する)」をパスワードにし、次々と実現していったということ。

***

シンプルですが、「その手があったか!」な方法ですね。そして間違いなく効果的だろうと思います。なんせ、パスワードを打ち込むという日々の退屈な、でも不可避な作業を行う度に、目標がリマインドされ、意識に刷り込まれていくわけですから。アフォーメーションの一種とも言えるかもしれません。

いつも手帳の目標を見返すようにするとか、夜寝る前に自己暗示を行うとか、同じ目的のために行う方法は色々あるかと思いますが、どれもそのための時間を確保することがとても難しい。

PCのパスワードの場合は、自動的にそのための機会を与えてくれるところがとってもいいですね。しかも、単に思い出させるのではなく、思い出すための機会を与え、自分で打ち込むという作業が、ことさら意識への刷り込みにとって効果的であるように思います。一定期間で強制的に変えなければいけないところも、小さなステップで次々と目標をupdateしていけそうで、スモールステップを踏むのにちょうどいいかもですね。

***

実はぼくも4桁数字のパスワードでは、同じようなことをしています(パスワードがバレるので詳細は伏せますが)。初代パスワードは本当に実現しましたよ。

残念ながら、今のものはしばらく実現しそうな気配がありませんが、パスワードの入力回数が足りないんでしょうかねえ(笑) 記事を読んで改めてよい方法だと感じたので、仕事のPCでもこの方法を取り入れてみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>