HK168(残り4.5km)リタイア記⑫|最後の最後でまたロスト、163.5km地点にてDNF。

2014年11月末、8ヶ月連続ウルトラマラソン/トレイルチャレンジの最終章、「HK168」で香港に行ってきました!

結果は…全168kmのうちの163.5km地点、ゴール手前のCP15で関門時刻に間に合わずDNFとなりました。無念のリタイア記です。

前のエントリはこちらから。
HK168(残り4.5km)リタイア記⑪|5分前…7分前…関門をくぐり抜けて140km。 | reboot blog

CP13:Shing Mun Pineapple Dam@141.5km 〜 CP14:Shing Mun Main Dam@151km

行楽客も多いダム周辺をまわり、山越えしてまた貯水池に降りてくる9.5km。
コース図CP14

ほぼ舗装路のこのパート、急登はあるけどなぜか3時間の設定。
高低図CP14

ここまで13個の関門をくぐり抜け、かろうじてCP14への挑戦権を得たものの、最終組であることは相変わらず。エイド休憩中に一緒になった中国からの青年ランナーと一緒に出発。するも、青年はエイドを出てすぐに気持ち悪くなり、補給したばかりの水分を木陰でリバース。みんな満身創痍です……

「少し休んで行くから先に行っててくれ」と言ってる風の、英語が全く話せない彼に、「途中で必ず追いついてこいよ!」と伝わった風で前に進む。そういえば、CP8を一緒に出た日本の方は、どこまで走れたんだろう?せめて御礼だけでもきちんと言いたかったな。

散策を楽しむ観光客もいなくなったところで本格的な登りスタート。
141130 CP14 1

眠気との付き合い方に慣れてきて、直線なら目をつぶりながらでも歩けるようになってきた…… よく考えたら丸一日以上寝てないんだな。この斜度だと、脚の重さに任せてちんたら歩いてると、あっという間に15分/kmぐらいまで落ちてしまう。
141130 CP14 2

そして再び、夜がやってきました。レース前は着替えたくなったりするかな~と呑気なことを考えてましたが、そんなことはどうでもよかった。どれだけベタベタしてようと、ドロドロしてようとお構いなし。Who cares???

登りの仕上げに尖がった山を二つ。暗闇の中、気を抜いたら滑落しそう。
141130 CP14 3

頂上からは、さすが香港の夜景。
141130 CP14 4

しかし、見とれている時間はなし。暗闇の中、一人孤独に石段を下り降りる。青年ランナーは来ているだろうか。ヒザが笑ってヒクヒク。自分の脚だという感覚がない。
141130 CP14 5

長く走りすぎて、もうヒザのテーピングも脚からはがれなくなってんじゃないかなーとかつまんないこと考えながら下っていると、ダムを渡る橋が、うっすら暗闇の中に見えてきた。もうすぐCP14。

エイドと勘違いして、広場でバーベキューパーティーをやっていた一団に突入し、「Check point??」と騒ぎ立て混乱させる…… ごめんなさい。

そこから500mほど先に発見したエイドは、なぜかもう片付けを始めている……

曰く、ここのCut-off Timeは18:30だと。いやいやいや、大会が事前に出してる情報にはPM7:30って書いてあるよ、前のエイドのスタッフにも7:30だって確認したよ、7:30だって分かってたらこんなにのんびり来るわけないっしょ(これはウソ)、と必死の主張。
141130 CP14 6

スタッフが本部に電話で確認、”特例として”通過させてくれるとのこと…… いやいやいやいやいや特例ちゃうやろっ!ルール通りやろっ!!そうこうしていると青年ランナーも降りてきてエイドに到着。

もう完走さえできれば、それでいいんです。スタッフのみなさんは、最終組の二人にとても良くしてくれました。エイドのポカリと、CP12でおばちゃんがくれたおにぎりで、最後の補給。(結果的には)最後となるパートへ向けて出発!
141130 CP14 7

CP14:Shing Mun Main Dam@151km 〜 CP15:Sha Tin Pass@163.5km

貯金も合わせて3時間で12.5km。正直言って、絶対行けると思ってました……
コース図CP15

距離は長いけど、ほとんどフラットだし行けるはず。いや、絶対行けると思ってました……
高低図CP15

青年ランナーとともに出発。英語がしゃべれないながらも、片言で日本のアニメが好きだと教えてくれる。UTMF、走ってみたいとも。再会できるといいんだけど。
141130 CP15 1

街の夜景を横目に見ながら、黙々と。ここまでは順調。
141130 CP15 2

ところが、MacLehose Trailを抜け、一度ロードに出たところ。本来は、少し進んでまたすぐにトレイルに入らなければ行けなかったらしい。でもここは、どれだけ探してもマーキングが見つからない。もちろんかなり慎重に探しましたよ。青年と悩みながらも、下っている高低図を信じて、そのまま「金山路」と案内のあるロードを、マーキングが見つかることを祈りながら下っていく。

レースを終えてから振り返ると、この時点でこのレース何度目かのロストが確定、DNFとの分岐点でした。

下っても下ってもマーキングはなく、不安ながらも下り切ったダムを道なりに渡り、大通りに突き当たる。ここでいよいよ進む方向が分からなくなり、完全にお手上げ。

仕方ないので大会スタッフに連絡して助けを求めるしかないかと思っていたところ。青年が誰かを電話で捕まえたと思ったら、どこからともなく知り合いらしい老ランナーが合流。道を知っているから付いて来い、と。

英語が話せる彼に状況を聞いてみると、本来のルートからはすでに外れているが、とにかく獅子山郊野公園に入ってWilson Trailに入れば本線に合流できると言う。ただし、時間的にはかなりチャレンジ。もちろん自分も完走したいから、行けるところまで行ってみようじゃないかと。

「We are on the same boat.」とか「You, hit the wall!」とか、なんかやたらかっこいい言い回しを使ってくる老ランナーだったが、この人のおかげで諦めかけた完走に向けて、最後の挑戦権を掴み(いや、もちろん正しいルートではないんですが)、完全にSWITCH ON。

あとどれだけの距離を走ればいいのか、皆目見当もつかない状態で、それでもなお全力で走り続けるだけ。残された時間が着実に減っていくのを一分一分確認しながらも、「絶対完走」という気持ちだけは最後の最後まで失われることなく、Hong Kong Night Trailをとことん満喫した最後の2時間でした。

Lion Rockの回りを全力で疾走しながら、CP15のCut-off Timeである22:00を迎え、37時間に及ぶレースが終了。まさか走りながらレースを終えることになるとは思わなかった。これで、2014年最大の目標だったUTMBのエントリー権獲得もならず…… どうにも消化できない悔しさとは裏腹に、ラストランはとにかく気持ちよく、ここまで160km走ってきたとは思えない動きで、Shatin Passまで走り続けました。

まあ、金三路を下ってしまった時点でコースを間違っているので、たとえ関門時刻に間に合っていたとしてもアウトなんですが。

結局、かなり大回りのコースを走り、30分遅れでCP15に到着。HK168、163.5km地点にてDNFとなりました。本当かどうか分かりませんが、GARMINによると累積標高9300m。いくらロストしたとはいえ、6580mのレースのはずなんですけど(笑)
141130 CP15 3

HK168(残り4.5km)リタイア記⑬総括へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>