おんなじ歯磨き粉をもう一個買ってきちゃった話。

ささやかながら衝撃的だった出来事の報告です。とてもささやか。

私は、会社でもランチの後に歯磨きをするので、オフィスに歯ブラシと歯磨き粉を置いています。その歯磨き粉がなくなりかけだったのを思い出し、ドラッグストアに寄ったついでに買ったんですね。

その時の頭の中は、大体こんな感じでしょう。

「あ、歯磨き粉買っとかないと」

「せっかくだから、家で使ってるのとは違うのを試してみようかな」

「仕事中はコーヒーよく飲むから、ステインクリアのやつがいいかも」

「変な味のやつは嫌だから、一番シンプルなやつにしよう」

「フタ回して開けるの面倒だから、スタンディングチューブにしよう」

それで一つ選んで買って帰り、デスクに片付けようと思ったら、見事に全く同じ未開封のものが引き出しから出てきました…

おーーーーーーーーーい、自分。

単に買い置きしておいたことを忘れているだけならいいんです。

でも、全く同じってのは・・・

たぶん、その時も全く同じ思考回路で、全く同じ順番で考えてそれを選んだんでしょうね。

きっと気付いてもいないけど、ただただ埋め込まれているプログラム通りに思考していることって結構あるんだろうなと思うわけです。

そして、それはかなり残念なことです。なぜなら、自分では、自分の頭で考えたつもりになってしまっているから。

新しい思考回路が作られないという状況に陥っているのに、同じ思考回路をたどっていることすら気づかず、自分では考えた気になっている。これでは、その回路から抜け出す術がありません。

確信的に同じ思考回路を使っているのであれば、それは「判断基準」と呼ぶべきものです。しかし、無自覚なのに、なぜか毎回、結果的には同じ歯磨き粉を選んでしまうのは「思考停止」です。

この二つ、現象として起こることは一緒なのに、持ってる意味は大きく違います。

みなさんも、「あれ、何かまたこれ買っちゃった〜」なんてことがあったときには、自分が思考停止してないか、見つめ直した方がいいかもしれませんよ。

当分は、この歯磨き粉で歯磨きするたびに思考停止について反省します(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>