自己紹介のない社会ってのが来るかもしれませんよ。

自己紹介のない社会ってのが来るかもしれません。

なんてことをちょっと考えてみました。

初対面で、名刺を交換しながらお互い名前を名乗り、名刺の表と裏を確認して記憶のとっかかりや会話のきっかけを探したりするあれ。

会議でも、飲み会でも、趣味の場の集まりでも、偶然そこに居合わせただけのつながりでも、仕事でもプライベートでも、初対面では自己紹介が欠かせません。名刺こそ出さなくても、似たり寄ったりの展開でしょう。

でもよく考えたら、自己紹介ってけっこう非効率な情報交換だと思いませんか?初めて会った人のことを立て続けにインプットされても、こちらはまず顔と名前を覚えるだけでも精一杯。

だからこそ、何か引っかかるものを提供しようと、あれやこれやとまた情報を出してくれるんですが、「まだ、顔と名前が一致してませんので、ちょっと待ってください」という訳にもいかず、「あなたのおっしゃっていること、全て覚えてますのでご安心を」といった表情で、うんうん頷きながら話を聞かざるを得ないわけです。結局なにも覚えていないのに。

そこで、記憶力が弱く、営業にも全然向いていないであろう私は思うのです。ぶっつけ本番の自己紹介なんて、なくなってしまえばいいのに!と。

だって、採用試験ではすでにそうなってますよね。エントリーシートがあって、面接官はこれから会う人の素性や履歴や、簡単ではあるけれどどんな考えを持っている人なのか知っているわけです。エントリーシートを読んでいるところで初対面は完了していると言ってもいいかもしれません。

採用試験におけるエントリーシートに限らず、もう十分、対面で初対面を迎えなくてもいい時代になってるんではないかと思うんですよね。

傍証①:車を購入するまでの来店数が減ってるらしい

車を買うときは、ディーラーに足を運び、どんな車がいいとか、この車の特徴はなんだとか、セールスの方の話を色々聞いて、車種を選んだり、色を選んだり、オプションを選んだりしますね。

もちろん、ディーラーに行けば、展示されている実際の車も観ることができます。車種によっては試乗ができるものもありますので、これが大きな来店動機になっているのは間違いないでしょう。

それで、車を購入するまでの来店数ですが、最近聞いた話によると、以前は平均7回来店して初めて購入に至っていたのが、今は平均1.5回だそうです。

お店に行かずに買うという方はさすがにほとんどいないと思うので、1.5回ということは、行ってその場で購入を決める人(1回)と、一度は下見に行くけど次の来店で決める人(2回)が多いんだろういうことは分かります。

お分かりだと思いますが、かつては情報収集から機種の選定までディーラーに行かなければいけなかったところが、情報はWebですべて入手できるため、最後の確認だけをディーラーでやるようになっているようです。

相手は車ですが、この例も初対面はwebで済んでしまっているということですね。

傍証②:合コンで会う前にFacebookで友達になるらしい

先日学生と話していたら、合コンがセットされた時は、その会で会う前に参加予定者同士がFacebookで友達になるのは当然だそうです。

Facebookでは、各個人の運用ルールがあるので人それぞれではありますが、私の周りでは、面識があるかないかを友達申請を許可するかどうかの一線にしている人が多いので、ちょっと衝撃的だったんですね。

理由を聞くと、

「だって、事前にどんな人か知らないと、当日の話のネタに困るし、話も盛り上がらないじゃないですかぁ?」

だそうです。うん、まあ言われてみればその通りなんですが…そもそもFacebookには、他の人に見られて困るような情報も上げてないし、むしろ自己紹介になるので、見てもらって困ることはない、と。

だから、初めて会うにも関わらず、お互いがお互いのことをある程度知っているのが前提になって会話が進むのだそうです。

これが、どれくらい当然で、すべての学生が同じようにしているのかは分かりませんが。

***

「初対面で相手の気持ちを掴むには〇分以内が勝負!」といった文句は巷にあふれていますが、そういう時代ではなくなるのかもしれません。

これまでは、好感のもてる見た目で、しゃべるのが上手で、その〇分以内という短時間で自分の魅力をしっかり伝えられる人が、自己紹介の上手な人でした。

でもこれからは、自分の伝えたいことを、自分の伝えたい方法でしっかり表現するメディアを持っている人が、自己紹介の上手な人になるのかもしれません。車のモデル紹介やFacebookは、すでに自己紹介として機能しているということですね。もちろん、ブログもそのツールの一つでしょう。

口下手でも、きちんと伝えられる文章を書けたり、センスのよい写真を撮れたり、画で自分を表現できたり、歌だったり踊りだったり、もしかすると走ることだったり。

自己紹介の幅はもっともっと広がるかもしれませんね。そしたら対面の自己紹介はなくなるかもしれません。

初めて会う前から相手の人となりと共通の話題が分かっていて、会ったそばから本題で盛り上がる。そんな時代がもうすぐ来るかもしれないなあ、という半分真面目な妄想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>