HK168(残り4.5km)リタイア記⑤|38時間レース、いよいよスタート!さっそくの激登りも順調な滑り出し。

2014年11月末、8ヶ月連続ウルトラマラソン/トレイルチャレンジの最終章、「HK168」で香港に行ってきました!

結果は…全168kmのうちの163.5km地点、ゴール手前のCP15で関門時刻に間に合わずDNFとなりました。無念のリタイア記です。

前のエントリはこちら。
HK168(残り4.5km)リタイア記①|HK Expressでいざ香港へ!

HK168(残り4.5km)リタイア記②|HK168前日。なかなかオープンしないレース受付を待ってる間にMongkok満喫。 | reboot blog

HK168(残り4.5km)リタイア記③|HK168前日。香港でもカーボローディング! | reboot blog

HK168(残り4.5km)リタイア記④|当日の朝、地下鉄&シャトルバスでスタート会場へ。 | reboot blog

Start:Hok Tau Campsite@0km 〜 CP1:Bride’s Pool@11.5km

さて、いよいよ制限時間38時間の闘いのスタート。

長いレースになればなるほど、スタート地点での緊張感が薄くなる傾向が…… だって先があまりにも長いので。参加人数も多くないのであせって並ぶこともなく。

マイクで「みんなそろそろ集まって〜」的なことを言ってると思ったら、突然カウントダウンが始まりいきなりスタート!開始予定時刻9時の2分前‼︎(笑)

偉い人が出てきて挨拶するわけでもなく、ゲストをお迎えすることもなく、段取りの説明をする担当のスタッフらしき人がそのままスタートまでやっちゃったぐらいの感じで。若い大会って、こういうところが堅苦しくなくて本当にいいですね〜

スタートゲートは一応それなり。
141130 CP0 6

応援に来ていた家族や友人たちの花道を通ってのんびりとレーススタート。
141130 CP1 1

スタートからCP1までは、11.5kmのコース。
コース図CP1

スタート直後から一気に600mほど登って下る、いきなりタフなコース。
高低図CP1

ここで張り切って脚が終わったら先はないので、CP1までは時間がかかってもいいので、絶対にがんばらないと決意。
141130 CP1 2

準備運動のようなロードを数kmを抜けると、さっそく登り階段へ。息が上がりすぎることがないように、大腿を使わずに、かなり慎重に登り開始。
141130 CP1 3

石段の直登続き。香港の山は、標高は高くないけど起伏が激しく傾斜がきついっす…… どちらかと言うと抜くことが多い登りですが、ここに限ってはいっぱい抜いてもらいました。すでにほぼ最後尾。
141130 CP1 4

長い。そして、傾斜がきつい。でも最初だから無理すればガンガン登れてしまう。これは明らかにトラップでしょう(笑) 時間をかけてじっくりと。
141130 CP1 5

たっぷり時間をかけて登り切った後は尾根沿い。これは気持ちいい。コースじゃないところでも一度走ってみたいと思う分岐がたくさんありました。香港は意外にもトレイル天国でした。
141130 CP1 6

すっかり上がってきましたね〜しかし、ゆっくり登りすぎて、レース開始2時間弱で、すでに視界の中にランナーがほとんどいないんですが(笑)
141130 CP1 7

しかし、一番きつい登りをほぼ無傷で消化。下りへ。

細い下りを抜けて一度道路に出ると、応援部隊が出現。と思ったらナンバーを読み上げているのでチェックポイントらしいです。計測器もないけどとにかくCP1通過!
141130 CP1 8

まずは11.5kmを2時間44分、CP1関門時刻の45分前に通過。これをあと15回かと思うと…

CP1:Bride’s Pool@11.5km 〜 CP2:Lai Chi Wo@21.5km

CP2までは走れる10km。
コース図CP2

ほぼ下りなので、CP1までを抑えて走った分、しっかり貯金したいところ。
高低図CP2

CP1までの下りの続きの、気持ちよく走れるトレイルですが、香港は全体的に路面が堅めですね。
141130 CP2 1

一度トレイルを抜けると、次のトレイルまでは竹の群生(?)を脇に見ながら。
141130 CP2 2

ペースが上がりすぎないように気をつけながらも気持ちよく走っていると、ようやく他のランナーの背中が。ここからしばらくはペースが同じくらいの二人組に付かせてもらって黙々と走ります。
141130 CP2 3

途中からは四人編成に。ガジュマルの観光地(?)の中を心地いいペースで。
141130 CP2 4

ガジュマル地帯を抜けるあっという間にCP2へ。
141130 CP2 5

CP1から1時間ちょっとで来た計算ですね。

しかし暑い。昼間の低地はけっこう気温が上がり、走り続けていると暑く、CP2では頭から水をかぶってリフレッシュ。
141130 CP2 6

走れるパートは補給しにくいので、座って持参のベビースターを水で流し込む。うーん、しかし長丁場。

HK168(残り4.5km)リタイア記⑥へ続く。

HK168(残り4.5km)リタイア記④|当日の朝、地下鉄&シャトルバスでスタート会場へ。

2014年11月末、8ヶ月連続ウルトラマラソン/トレイルチャレンジの最終章、「HK168」で香港に行ってきました!

結果は…全168kmのうちの163.5km地点、ゴール手前のCP15で関門時刻に間に合わずDNFとなりました。無念のリタイア記です。

前のエントリはこちら。
HK168(残り4.5km)リタイア記①|HK Expressでいざ香港へ!

HK168(残り4.5km)リタイア記②|HK168前日。なかなかオープンしないレース受付を待ってる間にMongkok満喫。 | reboot blog
HK168(残り4.5km)リタイア記③|HK168前日。香港でもカーボローディング! | reboot blog

当日の朝

レースは11月29日土曜日の9時スタートで翌日曜日の23時が制限時間です。

電車でスタート地点まで行こうと思っていたんですが、レースの5日ほど前にメールで無料シャトルバスの案内が来たのでそれを利用することに。ありがたいけど、そういう連絡はもっと早く送ってほしい(笑)

朝7時に地下鉄MTRのKowloon Tong駅発なので、まだ辺りも暗い6時過ぎに宿を出発。

大量の物売りをかき分けて入ってきた怪しげなマンションの入り口も、この時間はまだ平和。
141130 CP0 1

地下鉄を何度か乗り換えてKowloon Tong駅へ。最寄り駅で明らかにHK168に出場だろう格好の中国人ランナーと会ったので、ここまで連れてきてもらう。

あまり英語が得意ではないようで深い話はできなかったけど、その彼は去年の大会にも出て、110km過ぎの関門に引っかかってDNFだったらしい…一体、どこまで行けることやら。

Kowloon Tong駅から歩いてすぐのところがバスの集合場所。
141130 CP0 2

ランナーらしい人たちの流れについていくとバス発見。一台目は満席で二台目を待つことに。海外の大会の場合、来る来ると言っていた二台目が来ないこともままあるので、不安な気持ちで待っていましたが、ちゃんと来ました(笑)
141130 CP0 3

バスで一時間弱、スタート地点のHok Tau Campsiteへ到着。
141130 CP0 4

スタートまではまだ1時間ほどあるので、荷物を下ろしてゆっくりストレッチとテーピングを。まだ二回目だし、数百人規模の小さなレースなので、スタート地点もこじんまりしていて平和です。
141130 CP0 5

HK168:レース概要

ところでこの「HK168」というレースですが、今年が2回目の開催です。

・総距離168km
・累積標高6710m
・制限時間38時間

どの数字を見ても、今年走ったウルトラレースの中で最難関は間違いなし…スペックだけで言うと、9月に走った信越五岳の110km/4670m/22時間が過去最高ですので。

一般的に「香港」と聞いてイメージするのは香港島、KowloonからMongkokあたりまでのエリアかと思いますが、レースが開催されるのはもう少し北の方のエリア。しかし、観光エリアから1時間ほどでトレイル三昧というのは、恵まれてます、香港。

全168kmのコースは約10kmごとにチェックポイント(CP)が設けられ、それぞれに関門時刻が設定されています。さらにCP4つごと、約40kmごとにセクションが分けられていて、それぞれのセクションの最終CPであるCP4(スタート地点と同じ)/CP8/CP12(CP8と同じ)にはドロップバッグを置けます。
コース図全体 Section
(Source:Official Webに掲載の情報を一部修正)

1セクション40kmでも一つのレースとして十分なのに、それを4本やるとは、自分でも全く想像できず。まあ、このレースに限らずですが、168kmのレースと考えると気が遠くなるので、10km x 16本を淡々と積み重ねると考えるのがいいでしょう。それでも16本か……

セクションごとの高低図はこんな感じです。
高低図 全体
(Source:Official Webに掲載の情報を一部修正)

Section1のスタート直後にレース通じて最大の登りがあります。セクション単位で見るとSection2がもっともきつく、このパートを走りきれば累積標高6710mのうちの4310mを登ることになります。

というわけで、初めての100マイルレースでレース展開が全く想像できないものの、「ある程度の時間的な余裕を持ってSection2を終えることができれば、あとは気力で何とかなるはず!」という曖昧かつポジティブな想定でレーススタート!

HK168(残り4.5km)リタイア記⑤に続く。

HK168(残り4.5km)リタイア記③|HK168前日。香港でもカーボローディング!

 

2014年11月末、8ヶ月連続ウルトラマラソン/トレイルチャレンジの最終章、「HK168」で香港に行ってきました!

結果は…全168kmのうちの163.5km地点、ゴール手前のCP15で関門時刻に間に合わずDNFとなりました。無念のリタイア記です。

前のエントリはこちら。

HK168(残り4.5km)リタイア記①|HK Expressでいざ香港へ!

HK168(残り4.5km)リタイア記②|HK168前日。なかなかオープンしないレース受付を待ってる間にMongkok満喫。 | reboot blog

 

ランチカーボローディング

宿に一度チェックイン後、直前にブックオフで買った前年度版の『地球の歩き方』を見ながら、宿近くの九龍(Kowloon)エリアをブラブラ、ゴハンを食べられそうなところを捜索。

ぼくは、フルマラソン2戦目がフィンランドのヘルシンキマラソンだったんですが(当時ヨーロッパ赴任中だったので)、スタートが13時だったために午前中は徒歩で観光しまくり、スタート時点では脚がすでに終わっていたという苦い思い出があります。この反省を踏まえ、観光は最終日に回すことに。100マイル走った翌日に観光できればの話ですが…

Kowloon Park Dr.脇の公園のようなスペースの奥に、怪しげな半屋台の店を発見。近所にお勤めのローカルがランチに入っていくのを見て突入。

141130_1

いい感じの大衆食堂。客の回転も速いので当たりくさい。

141130_2

しかしメニューが全く読めない(涙) 漢字の雰囲気で何となく出てくるものは想像できるものの、発音ができないので指差し注文で出てきたのがこれ。

141130_3

わぁーうまそう!でも、想像してたのと違う(笑) 漢字の雰囲気で分かるとか言ってごめんなさい。そして香港、全然英語通じへんやないか。

でも、うまいっす。たぶんどれ頼んでもうまいっす。ぺろり、とカーボローディング一食目完了。

141130_4

九龍側から、なぜか神々しい様相の香港島を眺める。ここでも流行ってる自撮り棒。

141130_5

一度宿に戻り、翌日レースの準備でウェアとドロップバックの整理。丸2日間にわたるレースは初めてなので、大量に持ち込んだ補給食(大半は日本から持ち込んだお菓子。しかし、香港のセブンイレブンにも結構売っていた…)の振り分けに時間がかかる。

1時間ほどして準備を終え、外に出るとすっかり暗くなってます。暗い方が香港らしいな。

141130_6

夜カーボローディングも近場で。

141130_7

まかない風(笑) でも、いいんです、米さえ食べられれば。香港は、レースでいっても食事にはさほど困らないからいいですね。

141130_8

レースが始まったら丸二日間はまともに寝れないことを考えると、最低でも8時間以上は寝ておきたいところ…

なんだかんだで21時就寝、翌5時半起きだったので、9時間近くたっぷり寝てレースを迎えます。

HK168(残り4.5km)リタイア記④へ続く。

HK168(残り4.5km)リタイア記②|HK168前日。なかなかオープンしないレース受付を待ってる間にMongkok満喫。

2014年11月末、8ヶ月連続ウルトラマラソン/トレイルチャレンジの最終章、「HK168」で香港に行ってきました!

結果は…全168kmのうちの163.5km地点、ゴール手前のCP15で関門時刻に間に合わずDNFとなりました。無念のリタイア記です。

前のエントリはこちら。

香港市街へ

空港での昼寝(朝寝)でだいぶ回復し、ようやく香港市街へ向かいます。

今回、市街へはバスを利用。まずはゼッケンなどRace PackのピックアップのためMongkokへ向かいます。HK$33=500円ぐらい?
141129 1

乗ろうと思ったら、羽田で没収されたばっかりのVICTORINOXの広告全面の二階建てバス。ちくしょう!

しかし、相変わらず香港の立体感ってすごいっすね。累積標高7000m近いレースがつくれるぐらいだから、地形自体の起伏もすごいですが、どこでも高密度で高層ビルをガンガン建てていく根性がすごい。
141129 3

30分ほどでMongkokへ到着。街中はさらに。これでもか、というほど詰め込んでくるこの密度感は、色んな意味で見習いたい。
141129 4

それにしても、スポンサーだからだとは思うけど、街の雑居ビルの6Fにあるアウトドアショップで受け渡しをするって、まだまだ小さい大会なんですね…… 今年でまだ2回目だし。日本からの参加者は少し増えたみたいですが。
141129 5

しかし、あれだけ昼寝してから行ったのに、残念ながら開店前。一時間ほど散策してからもう一度行ったら、今度は大会の担当者が来るのはさらに一時間後と言われ、仕方なく近くのスタバへ避難。香港まで来てスタバ。でも、ほかにゆっくりできそうなところがないんですよ、屋台しかない。
141129 7
(レースに向けてカフェイン抜き中なので、コーヒーは飲みません。)

香港は街中歩いてるだけでおもしろいですね。小学校の名前が「優才書院」。めちゃめちゃ頭良くなりそうじゃないですか。しかも通りの名前が「花園街」。華もあります。
141129 6

最近知り合った友人で、二十代前半なのに囲碁有段者かつ文筆家、異様に頭のいい通称「若様」という人がいるんですが、彼はきっとこういうところの卒業生なんでしょうね。

ニュースの映像を見るとこのあたりでも、民主化デモが行われていたようですが、今日のところは至って平穏。警察官の方々はところどころに張り付いていましたが。

「COOL JAPAN」の代名詞、プリクラもほぼ日本仕様のまま輸出されているようです。
141129 8

なんだかんだ言って、重い荷物持ちながら観光してしまったあと、三度目の正直でようやくミッション完了。

こんなところがレースの受付会場だと思います??
141129 9

その店内の、臨時机による臨時受付。こういう手作り感のある大会、いいですね。レース内容はいかついくせに。
141129 10

すっかりMongkokを楽しんでしまいましたが、Tsimshatsuiへ移動して宿にチェックイン。メインストリートであるNathan Road沿いですが、ハイアットでもシェラトンでもペニンシュラでもなく、

ここ。この怪しい建物を入って、
141129 16

この怪しい扉を入って、
141129 15

裏方を隠そうという気もさらさらない通路を通って、
IMG 0166

ベッドしかないこの部屋。ゲストハウスなんでこんなもんですね。一泊3500円ぐらい。
141129 14

あとはシャワー室兼トイレのみ。一人旅じゃないとこんなところ泊まらないので、学生時代を思い出し、少し懐かしい気持ちに。
141129 13

雑多なゲストハウスが寄り集まってるマンションなんでしょうね。
141129 11

いい雰囲気です(笑)
141129 12

Tsimshatsui駅から徒歩数分なので、立地は抜群!この後、いよいよカーボローディングに繰り出します!

HK168(残り4.5km)リタイア記①|HK Expressでいざ香港へ!

2014年11月末、8ヶ月連続ウルトラマラソン/トレイルチャレンジの最終章、「HK168」で香港に行ってきました!

結果は…全168kmのうちの163.5km地点、ゴール手前のCP15で関門時刻に間に合わずDNFとなりました。無念のリタイア記です。

香港へ出発!

大会前々日の2014年11月27日の深夜便で香港へ向かいます。羽田空港国際線ターミナルは、すっかりクリスマス。141128 1

総距離168km&累積標高6710m、制限時間38時間のこのレース。土曜の朝9時スタート/日曜の夜23時が制限時間なので、レース前後の金曜/月曜で休みをいただいて旅程を組みましたが、案の定仕事がピークのため、かなりヤバい状態です。仕事はもちろんですが、体調管理も全くできておりません。

昨日は謎の頭痛に見舞われ、チームメンバーが順番に襲われているインフルエンザが「よりによってこのタイミングで来たか」と思ってましたが、ただの寝不足だったようで。深夜便だったフライトで寝て、着いてからもさっきまで空港のベンチでバックパッカーと一緒に寝てたら回復しました。というわけで、今、HongKong AirportのWi-Fi圏内におります。香港、到着!
141128 3

初HK Express!

香港は実に15年ぶり。大学生の頃来て以来です。たしか前来た時は格安のAir Indiaで悪天候の中を飛び、墜落の恐怖の中、なんとか着陸して拍手が起こったことだけを鮮明に覚えています。

今回は、去年?就航したばかりのLCC、香港エクスプレス(HK Express)を利用。
141128 2

ヨーロッパに住んでいた頃LCCはよく使っていたので、特に抵抗なし。サービスに不満もなし。というか特にサービスはなし。4時間ほぼずっと寝てました。

・行き UO623 (01:10羽田発/05:25香港着)
・帰り UO622 (19:10香港初/00:10羽田着)

で往復諸々込みで24630円でした。7月末に取りましたが、1万円台で収まると週末だけでも気軽に行ってみようかなという気になるんですけどね。

ちなみに予約の後、送られてきた旅程表を見ると、羽田発の時刻の横に「HKT」と書いてあるので、日本時間で12:10発なのかと思ってたんですが、どうもそうではなく、普通に現地時間=羽田はJSTでの01:10でした……

持ち込み荷物チェックはゆるめ?

141128 4
荷物は↑一個ですが、持ち込み荷物の規定サイズギリギリ(というかちょっとオーバー気味、上に乗ってるのはMacbook Air 11”です)。

Ryan Airとかだったら、搭乗間際で「サイズオーバーだから金払え!」などと言われてしまうんだろうなと思ってたんですが、サイズ測定も重量測定も特になく、チェックイン時にチラリと背負ったまま見せただけでした。お菓子詰め込んでるし、測ってないけど、規定重量の7kgはオーバーしてたかも。

トレイルラン遠征時のセキュリティ注意事項

航空会社の荷物チェックはクリアしたものの、セキュリティで洗いざらい調べ上げられました。そして、没収されました、これ。

そりゃ没収ですわ。すっかり忘れてました。

持ち込みバッグの中の、トレラン用バックパックの中の、ファーストエイドキットの中に入っていたので、階層が深すぎて中々突き止められず、担当の女性が泣きそうになってました。見つかったとき「よかったぁ…… 」と小さな声でつぶやいてました。ごめんなさい。でもファーストエイドとしては必携品なんですよね〜困った。

それから、ゼッケン留めの穴あけ用の一穴パンチも、没収はされませんが必ずセキュリティで引っかかるので、遠征のときに持って行く方は、あらかじめ出しておいた方が無難です。X線越しには形状が折り畳みナイフに見えるようで、100%の確率でセキュリティチェックにかかります……

そういうわけで、結局バッグの中はほぼ全開放、レース用のドロップバッグに入れようとビスコやらベビースターやら小袋のまますき間に押し込んでいたので、かなりの恥ずかしめに遭いました。自業自得ですけど(涙)

遠征時は、本当は日焼け止めとかアイシング用のスプレーも持っていきたいので、これからは預け入れ前提かなと思っております。

***

そんなわけで、この日は早朝についた割に空港でのんきにブログを書いています。

「せっかく来たのに観光もせずもったいない」なんて気持ちは全くなく。明日も明後日も、夜通し香港のほとんどを走ることになるんだから。大半が観光地ではないですが!

それに、以前、午後スタートのHelsinki Marathonで、調子に乗って午前中観光しまくって、レースで脚が全く動かなかったことの反省もあり…… 観光は月曜にします。レース後はレース後で、脚が全く動かないと思いますが。

ところで、天気予報見ると、明日の天気は「激しい風雨の可能性」となってるんですが大丈夫!?

ハセツネ試走!ではなく反省走行ってきました!!三頭山までの前半試走で終バスにギリ間に合う通過時間目安<実体験編>

[2015年3月29日追記]
その後、2015年3月28日に再度同じコースを走ってきたので、特に分かりにくそうなところに写真を追加しました。

***

前のエントリの続きです。

三頭山までのハセツネ前半を、終バスで帰ってこれるギリギリのペースが↓。これで実際に行ってみたのでレポートです。
141112 ハセツネ前半試走通過時間目安

武蔵五日市駅スタート@7:00

始発で行っても6:59に武蔵五日市駅着なので、早くてもこの時間の出発になります。天気はあいにくの曇り空で、雨の予報も。単独走だったので、何かあったら即下山のつもりで出発。
141109 1

ちなみに、駅の改札を出て右手の方にコインロッカーがあります。小300円と大500円。
141109 2

駅ロータリー正面の道を右手方向に登っていき、しばらく行った上町のT字路を左折。このまま広徳寺へ向かいます。
141109 3

広徳寺入り口の脇からトレイルへ入りますが、レースではこのトレイルを抜けて変電所に出るまでは渋滞で50分ほど。練習だと渋滞がない分、快適に走れます。

一方で、ちょこちょこ道を間違えては戻りました。レースは案内があるし、前の人についていけばいいしで、全くコースを覚えていないことに唖然。

今熊山でさっそく間違えて山頂まで行ってしまいました…… 写真は左が正解です。
141109 4

[2015年3月29日追記]
今熊山から市道山までは分岐がとても多いです。今熊山からはまず刈寄山を目指します。ところどころ、まき道が出てきますが、練習のために険しい登りの本線を選び、まっすぐ行きましょう(笑)
150329 追記1

[2015年3月29日追記]
市道山への案内が出てきたら、刈寄山は登らずに左折して市道山方面へ。
150329 追記2

[2015年3月29日追記]
左折してすぐに入山峠。一度道路に降りて写真奥側の階段から登り直します。
150329 追記3

入山峠から市道山へ向かう途中でも、間違えてトッキリ場の方へ進んでしまっていた様子。見たことない景色に気付き、戻ります…… 道を間違えると、精神的にも体力的にも堪えます。
141109 5

[2015年3月29日追記]
前回の反省を活かし、トッキリ場(鳥切場)の方へは行かず直進。「森久保・関場」と書いてある方へ向かうと下山してしまうので注意。
150329 追記4

[2015年3月29日追記]
そのまま進むとこんなところに出て、道なりに左斜め方向に進んでしまいたくなりますが、ここは右側に折り返し。
150329 追記6

[2015年3月29日追記]
……なんて覚えていられないんですが、上の写真の分岐を数m左斜め方向に行くとこんな標識が出てくるので(上の写真にも小さく写ってます)、いつもここで気付いて引き返します。「森久保・関場」ではなく「市道山」方面ですね。正直この辺は正しい道が分かってません。次のハセツネで確認しようと思います。
150329 追記5

[2015年3月29日追記]
ここも市道山方面へ。市道山分岐までは、とにかく「刈寄山」→「市道山」をたどることと、「トッキリ場(鳥切場)」と書いてある方には進まないということだけ覚えておけば、市道山分岐まではたどりつけるはず。
150329 追記7

[2015年3月29日追記]
写真右手の斜面から降りて来て、V字ターンで写真奥方向へ。「鳥切場」ではなく「市道山」の方へ。
150329 追記8

峰見通りに戻り、見晴らしのいい伐採エリアを登っているところから、バラバラと音がするぐらいのけっこうな雨が。覚悟はしてきたものの凹む。雨、早いわ。

しかも孤独。この日は8時間ほど走り続けて、3人としかすれ違いませんでした…… 一人トレラン練習はロンリーすぎますね。

市道山分岐(11.7km)セルフ関門時間=9:30
→9:44に通過!

ですが、序盤はロストしまくったせいで、さっそく15分弱の遅れ。三頭山までたどりつかないかも。ちなみにこの関門時間は、本番での渋滞時間をすでに差し引いて設定しているので、レースばりに走る前提です……
市道山分岐

ちなみに、トレイルの時のGPS Watch、GARMIN910XTの表示は、

・Time (経過時間)
・Total Ascent (獲得標高)
・Distance (距離)
・Time of Day (現在時刻)

にセットしています。

現在時刻を入れているのは、関門時間と闘うことが多いからです…… 疲れた頭で経過時間から計算するのは、間違う可能性が高いので(汗)

GARMIN 910XTは、自分でかんたんに表示アイテムを設定できるのでオススメです。

[2015年3月29日追記]
手強い登りを終えるとベンチのある醍醐丸へ。右へ進みます。
150329 追記9

レースの時は、醍醐丸通過時点でかなり暗かったんですが、今回は紅葉を楽しみながら。
141109 6 醍醐丸

トレイルも落ち葉でフカフカ。
141109 7 醍醐丸

[2015年3月29日追記]
醍醐丸から三国山あたりまでは、晴れると富士山がとてもきれいに見えます。ここまで登った甲斐があります。
150329 追記10

浅間峠(22.66km)セルフ関門時間=12:00
→12:02に通過!

本番では第一関門の浅間峠。予定通過時刻より2分オーバーまで縮めてきました。10分オーバーまでなら次へ進むのが事前に決めたマイルールなので、次のジャッジポイントである西原峠を目指します。すでに脚がかなり重い。ここまでですでに2000m以上登ってるんですね……
浅間峠

ところどころで紅葉がきれい。
141109 9 浅間峠

最低でもここまでは走ろうと思っていた30km地点通過。
141109 10 30km

西原峠(32.19km)セルフ関門時間=14:00
→14:09に通過……

関門時間から10分オーバーで退却と決めていたのに、惜しくも(?)1分切ってしまう…… 補給も尽きたことだし、この西原峠で下山する気満々だったんですが。仕方ないので三頭山まで。
西原峠

使うつもりのなかったお守り代わりのジェルを投入し、最後の山場に備えます。

西原峠から三頭山頂までのちょうど半分ほどにある通称「ゲート」。明るいところで見ると、なおさらゲート感ありますね。
141109 11 ゲート

市道山を通過して止んでいた雨が、三頭山へ登る一番つらいところで再び降り始めます。
141109 12

ハセツネ本番では真っ暗で分からなかったけど、明るいと頂上の遠さが見えてしまって、それはそれでつらい……

ちなみにこちら、登り切ったら三頭山山頂かと思いきや、その手前の大沢山というトラップ。
141109 13 大沢山

大沢山を超え、山小屋を通過するといよいよ最後の三頭山直登。疲労も限界に近づき、残り時間も気になるところです。三頭山は、3回階段をクリアすれば頂上!

まずは木段。
141109 14 三頭山1

次も木段。ここが長めでキツいっす。
141109 15 三頭山2

最後は石段。ここまで来たらすぐに頂上です。
141109 16 三頭山3

三頭山、登り切りました!

三頭山山頂(36.32km)セルフ関門時間=15:15
→15:08に通過!

今回は、西原峠からちょうど1時間でした〜キツかった。
鞘口峠

頂上からしばらくは、手を使って降りるほどの岩場なのでスピードダウン。ゆっくり下っても十分時間はあります。

九十九折りを下っていくと、30分ほどで鞘口峠に到着!

鞘口峠(36.32km)セルフ関門時間=15:45
→15:44に通過!

ここで一本前のバスが15:56であることに気づき、一か八かダッシュ!

森林館という建物まではあっという間なんですが、バス停はさらに舗装路をしばらく下ったところ。意外と距離があるので、余裕を持って帰りましょう!

都民の森バス停 到着予定時間=16:00
→15:54に到着!

15:56発のバスに滑り込み…… 三頭山を予定通り通過していれば、ゆっくり下っても16時過ぎにはバス停に着くはずです!
141109 17

今回なんとか日帰りで行けるということが分かったので、また練習に行きたいと思います。しばらくは気分が乗らなそうですけど(笑)

ハセツネ試走!ではなく反省走行ってきました!!三頭山までの前半試走で終バスにギリ間に合う通過時間目安。

この週末は、今月末に控えているトレイルレースに向け、たっぷり奥多摩を走ってきました!

コースは、4週間前に終わったばかりの日本山岳耐久レース(ハセツネ)コースの前半そのまま。武蔵五日市駅から三頭山までの約35kmです。ハセツネ本番では夜走ったので、ライトで足元だけを照らしながら走ったところの景色を見ることができました。こんなところを走っていたのか、と。あいにくの天気ではありましたが・・・

写真は、茅丸からの景色。

141109_8_茅丸

試走するなら前半がオススメ

大会が終わったばかりなのに、試走の話をするのも何とも間が悪いんですが、、、

本戦を走ってみて、ハセツネといえばやっぱり三頭山までの前半が勝負と痛感しました。このことは、ぼくも経験者から聞いていたんですが、まったくその通り。レース前には「試走するなら絶対前半」と何度も言われてましたが、結局できないまま本番を迎え、当日はその強度に心身ともにガクブルすることになりましたorz 

後半も、三頭山を超えてほっとした心につけ込むような御前山とか大岳山とか、嫌らしいパートはたしかにあります。が、前半させうまく走れていれば、気合で乗り切れるんじゃないでしょうか。

「三頭山までのタイムを2倍すれば完走タイム」説も当たっていると思いますので、練習で前半を走っておけば、その時点での完走予定タイムも大体分かってしまうということですね。

4週間前のハセツネの完走記はこちらから。

Image(38) 第22回日本山岳耐久レース”ハセツネ”完走記①|やっぱりハセツネは”山岳耐久レース”だった。 | reboot blog

 

都内から日帰りできる強度最高の練習コースですが・・・

しかし、この三頭山までのコース、めちゃめちゃキツイです。約35kmで獲得標高3200m以上と、相当なアップダウン。ハセツネは前半が勝負と言われる所以ですね・・・後半は下り基調なんですが。

だからこそ練習コースとしても最適。都内から日帰りで行ける範囲では、一番きつい練習ができるコースかと。

ただし、ここで練習するにあたっては一つ問題が・・・それは終バスです。

武蔵五日市駅からスタートし、三頭山まで走るのはいいとしても、三頭山から駅まで戻ってくる方法がバスしかありません(車で迎えに来てくれる人がいるとか、練習でも1周走って帰ってこれる走力があるという方は除く)。

三頭山からは鞘口峠まで下り、そこからすぐの「都民の森」バス停まで出るのが最短ですが、その終バスが16:45です。これに乗り遅れたらアウトです。なので、このバスには間に合うように、綿密に計画を立て、間に合わないようであれば、その手前で下山するという判断をしなければいけません。

4週間前に一度走ったとはいえ、今回は単独走だったので、一人でちゃんと帰って来れるように日帰り練習用の関門時間をつくってみました(↓)。

141112_ハセツネ前半試走通過時間目安

大田区の自分の自宅からだと、始発で武蔵五日市駅に6:59に到着するので、朝7時に出発したとすると、終バスに乗るためにはこれぐらいのペースじゃないと間に合いません……

浅間峠(12:00)と西原峠(14:00)では、「関門時間より10分以上遅れる場合は即下山」と決めていたんですが、今回は何とかそれぞれの関門をクリアし、最終的には終バス一本前の15:56の便にギリギリ乗れました。

何かあった時の余裕を見ておいた方がいいかと思いますので、同じように7時頃出発するとしたら、ハセツネを18時間で完走できるぐらいが、三頭山までの前半部分を一日で走り切れるギリギリの走力かと思います。

もう少し時間がかかりそう、またはもうちょっと余裕が欲しいという場合は、6時台には出発した方がいいかと。

なお、行かれる前にバスの時刻表は最新のものをご確認ください!2015年3月までの時刻表はこちらです。

それから、バス代は、2014年11月現在で武蔵五日市駅まで940円です。Suicaも使えます。お忘れなく!

Image(39) 西東京バス – 路線バス – 「都民の森」運行について

死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ①|TJAR(Trans Japan Alps Race) <後編>

10月19日の日曜日、東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された、「TJAR2014」報告会に参加してきました。

これまでのエントリはこちら。
死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ①|TJAR(Trans Japan Alps Race) <前編> | reboot blog
死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ①|TJAR(Trans Japan Alps Race) <中編> | reboot blog

「TJAR2014」報告会の続きですが、今回は大学の調査研究も入っていたようで、そちらの報告もとても参考になりました。

TJAR完走のためには

いくつかの提言がなされていたんですが、「一日あたり5600〜6300kcal」の摂取が必要で、それを8日間続けるって、どれだけタフなことしてるんでしょうね…… 成人の摂取カロリーの目安は2000kcal前後なので、実に3倍。
141105 9

大会の参加要件ではないですが、完走者のアンケートや測定結果を分析した参加レベルの目安は、

・100kmウルトラマラソン Sub10レベル
・ハセツネ 10時間30分レベル
・月間走行距離250km以上
・その上で、十分な山行経験

とのこと。ハセツネを走った後だからこそ分かる、このレベルの高さ……

おそらくこの走力レベルは大前提で、さらに重要なのは最後の「十分な山行経験」なんでしょうね。ちなみに、アンケートの分析によると、上位者ほど富士登山競争やハセツネなどの山岳レースの完走数が多いらしい。というわけで、ハセツネ参戦を続けようというのは間違った方向ではないようで。

●TJAR2014レース概要

報告会の様子で、レースの過酷さは十分伝わってきてますが、一応レースの概要を整理しておきます。

・総走行距離:415km
(スタート:日本海/富山県魚津市・早月川河口→ゴール:太平洋/静岡県静岡市・大浜海岸)
・累積標高:28000m
・制限時間:8日間
・平均総消費カロリー:49000kcal(脂肪7kg分)

●参加要件

・過去70Km以上のトレイルランニングレースを完走している事
 ↑DONE。

・過去標高2000m以上の場所において10泊以上の露営経験がある事
↑もちろん一泊もなし。

・TJAR本大会を想定した長時間(概ねコースタイム15時間以上)行動後、標高2,000m以上の場所において、4回以上の*¹ビバーク体験があること。
↑もちろん一泊もなし。

・山岳保険(捜索、救助等を含む)に、必ず加入していること。
 ↑DONE。

・リスクマネジメント(危機管理)に対して
①事前にリスクを回避する《危険回避能力》
②アクシデント発生時に対応できる《事故対応能力》を身につけていること。
 ↑これから頑張ります。

・自己責任の法則・・・「すべての責任は、自らに帰する」ことを自覚して行動できること。
 ↑了解です(トレイルもトライアスロンもその覚悟でやっております)。

・心身ともに異常なきことが証明できる医師診断書、もしくは人間ドッグ結果報告書を参加確認書と同時に提出すること。
 ↑了解です。

・選考会開催日において20歳以上であること。
 ↑DONE。

・日本語堪能であり通常の会話もしくは読み書きのできること。
 ↑たぶんOK。

・配偶者または一親等の成人親族による大会参加に対する承諾書を提出すること。
 ↑了解です。

・2014年7月14日(月)必着で、消防署等の主催する救命入門講習もしくは救命講習(AEDを含む心肺蘇生法)の修了証明書のコピーを提出すること。
 ↑これから頑張ります。

・1日に、コースタイム20時間以上の山岳トレイルコースを、コースタイムの55%以下のタイムで走りきれる体力と全身持久力を有すること。注:昭文社「山と高原地図」などのコースタイムを参考値として提示のこと。(必須ではないが、書類選考における参考条件)
 ↑「山と高原地図」は購入済み。体力と全身持久力は……

・フルマラソンを3時間20分以内、あるいは100kmマラソンを10時間30分以内に完走できる体力を有すること。(必須ではないが、書類選考における参考条件)
 ↑まだ遠いけど、頑張ります。

要件自体がすでに過酷なんですが…… レースの過酷さがよく分かります。

●TJARまでの逆算計画(仮)

なお、このエントリのタイトルは「死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ」ですが、「いつかは……」なんて言っていたら、そんな「いつか」は永遠にやって来ないのが世の理です。

ですので、仮の日付を付けておくこととします。距離感を測るためにもね。

・【予定】2018年8月 TJAR初出場&初完走【予定】
・【予定】2018年選考会
・【予定】2018年 春夏 十分な山行経験
・【予定】2017年 10月 4度目のハセツネをSub10で完走
・【予定】2017年 100kmウルトラマラソンをSub10で完走
・【予定】2016年 10月 TJAR2016報告会に参加し、いよいよ本気になる
・【予定】2016年 10月 3度目のハセツネをSub12で完走
・【予定】2016年 春夏 ビバークとか一通りできるように
・【予定】2016年 100kmウルトラマラソンをSub11で完走
・【予定】2015年 10月 2度目のハセツネをSub15で完走
・【予定】2015年 春夏 山登り基礎
・【予定】2015年 100kmウルトラマラソンをSub12で完走
・2014年10月19日 TJAR2014報告会に参加
・2014年10月12日 ハセツネ初参戦 17時間41分で完走

こんな適当な計画でも、どれだけ遠いところにあるのかよく分かります……選考会を通るだけでも大変だし。

しかしまあ、やりたいことがいっぱいある人生って幸せですね。また一つ、未来の楽しみが増えました。

死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ①|TJAR(Trans Japan Alps Race) <中編>

10月19日の日曜日、東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された、「TJAR2014」報告会に参加してきました。

これまでのエントリはこちら。

死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ①|TJAR(Trans Japan Alps Race) <前編> | reboot blog



「TJAR2014」報告会

報告会の様子ですが、150名の会場が満席でした。みなさん、2014出場者の関係者か、次回以降の参戦を考えている人たちでしょうか。そういえば、会場全体から、山屋特有の精神的屈強オーラが漂っている気がしてきました。

前回大会の模様がNHKで放送され関心が高まり、「この2年でTJARを取り巻く環境は大きく変わった」と実行委員代表の飯島さんが、挨拶の中でおっしゃってました。そんな放送あったのか……知らなかった。誰か持ってないかな。

報告会の内容はこんな感じ。

141105_3

まずは、三連覇の望月選手の優勝者スピーチから。

二年に一度開催のこの大会で三連覇ということは、この5~6年ずっとトップに立ち続けているということ……しかも、2014のタイムが、2位に16時間ほど差をつけての5日12時間57分と、圧倒的です。今は完走することすら想像の外なので、完全に雲の上の世界の話。

141105_4

走力と山力は違うらしい

望月選手のスピーチに続き、今年はじめてTJARを走った三選手のパネルディスカッション。

141105_5

もう少し身近に感じられる話が聞けるかと思ったのがバカでした。そもそも、ランのための走力と、TJAR完走に求められる「山力」とでもいうべき力はまるで違うようで、やってる練習がこれまたabso-fucking-lutely crazy。

     ・標高3000m以上の北岳で、風速30mを超える中、大雨が吹き込むストックシェルターに全裸で過ごすことにトライ、どこまで寒くなって耐えられるかの実験

     ・北海道在住なので、会社までの7kmを前代未聞のクロスカントリースキーで通勤

     ・毎日の駅までの往復4kmを、歩きで筋肉がパンパンになるぐらい全力で歩く練習

などなど、英語で聞いてるのかと思うぐらい、自分のリスニング能力を疑いました。うーん、未知の世界。走力についてですら、月間走行距離200km程度だとめちゃめちゃ少なくて、5〜600kmという方がざらということで、思わず遠い目に。

知らない言葉がいっぱいの装備

次のセッションは装備について。装備の重さはレースを左右する重要な要素ということで、それぞれ独自の工夫を凝らしていらっしゃるようです。

141105_6

これでも100kmを超えるウルトラトレイルはやっているし、トレッキング程度だけど山歩き経験はあるし、Fuji Rockを3日間テントで過ごせるぐらいのキャンプ用品は持っているので、そこそこのことは分かるかと思ってました。

が、これまた完全に未知の世界。まるで分かりませんでした。ごめんなさい。

ザックですら、トレランのものとは違い、こういうのや、
yamatomichi
山と道 ONLINESHOP

こういうのや、

Inox running pack

聞いたこともない名前が目白押し。もちろん、勉強不足というのもありますがorz セミオーダーとかハンドメイドが普通の世界なのね……

それにしても、荷物をグラム単位で軽量化するための工夫とか圧巻でした。あらゆるマットを比較し、ほんの少しでも軽いものを選んだり、お尻までの長さにカットして最小限にしたりというのは、ここに参加している人であれば誰でもやっていることのようです。

さらには、軽くてどこでも入手しやすいものにライトの電池を統一。電池基準でライトを選んでいるため、それに合うヘッドライトがなく、ハンドライトを自作のホルダーで頭に付けているなんていう話も。

うーん、もうよく分かんないです。でも、そういうレベルのレースだということが分かったのが最大の収穫。こういうレベルの違いは、直接肌で感じてショックを受けないと、自分の基準が切り上がらないので。

しかし、こういう自分の知らない世界、たまらないですね。昼寝でもしたくなる秋晴れの夕方でしたが、ギンギンの冴え冴え、あっという間の2時間でした~

Image(37) トランスジャパンアルプスレース 2014 | Trans Japan Alps Race 2014

<後編>につづく。

死ぬまでに一度は走ってみたいレースシリーズ①|TJAR(Trans Japan Alps Race) <前編>

もう3週間ほど前のことになりますが、10月19日の日曜日、東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターに行ってきました。ここのところしばらく、ハセツネ完走記を書いていたので、すっかり遅くなってしまいましたが……

秋晴れの気持ちいい天気の中、たくさんのイベントが催されていたようです。

141105_1

そこへ何をしに行っていたかというと・・・

141105_2

こちらです。「TJAR2014」の報告会に参加してきました。

TJARとは?

「TJAR(Trans Japan Alps Race)」は、二年に一度開催される、その名の通り日本アルプスを越えるレースなんですが、一言で言うと、abso-fucking-lutely crazyな山岳レースです・・・

「TJAR(Trans Japan Alps Race)とは、日本海/富山湾を午前零時にスタ-トし、 北アルプスから中央アルプス、そして南アルプスを越え、太平洋/駿河湾までの距離:約415Kmの道程を交通機関を一切使わず、自身の足(走り、歩き)のみで 1週間 (+予備日1日)以内に踏破することをめざすちょっとハ-ドな山岳アドベンチャ-レースです。」

(Source: Official Web 「TJARとは?」 )

なんと、日本海側から太平洋側まで、北アルプス・中央アルプス・南アルプスを越えていくとは・・・制限時間は8日間ですが、もちろん宿に泊まったりはしません。放置プレイです。すべての荷物を自分で背負います。そもそも、制限時間が「時間」単位ではなく、「日」単位ですから。予備日って何?? これを「ちょっとハードな(※)」と表現できる、運営側の感覚がまったく理解できません。

※今見たら、ちょっと文章が変わっていました。

     「烈風に晒され追いつめられる自分、悲鳴をあげる身体、絶望的な距離感、何度も折れそうになる自分の心」

など、「ちょっとハード」どころじゃない表現に修正済み(笑)

そして、こちらが報告会でも紹介されたコースレイアウト。

141105_8

何この高低図……415kmという距離もさることながら、28000mという累積標高差は、想像を超えすぎていて笑えてきます。

東京から神戸まで直線距離で400kmほどだそうです。その間に、富士登山22回分の登り降りを行うということですね。死ぬほどつらかった奥久慈トレイル50Kがかわいく思える。3つのアルプスが分かりやすいほどに尖ってます。

こんな、とんでもなくやばそうなTJARですが、ちょっとだけ出てみたいと思いませんか?完全に怖いものみたさですけど。以前から興味があったので報告会に行ってみたら、すっかり心を奪われてしまいました・・・

この報告会には、完走できた人もできなかった人もいらっしゃったんですが、何だかもうみんな楽しそう。やってきたことの過酷さに対して、この満足感と多幸感にあふれた雰囲気はなんなんでしょう。このレースに参加できるだけで誇りなんだろうなあ。TJARだもんなあ。

何年もかけて準備して、選考会に出場して、選ばれたメンバーとともに、TJARに挑む。これはもう、大人の部活だな。とびっきり本気の。

141105_10

ちなみに、これはトレイルランではありません。登山です。耐久登山。なので、調子に乗ってノーポチしたりはしないです。綿密な計画と準備をして、数年がかりで挑戦すべきものです。そもそも選考会があるから、そんなに簡単に出場できませんし。

だからこそ、自分の中にしっかりくさびを打ち込むために、こんなエントリを書いてるわけですが(汗) 走ってみたいですよね。いつかはね。死ぬまでに一回ぐらいはね。

Image(37) トランスジャパンアルプスレース 2014 | Trans Japan Alps Race 2014